広西北流市資陽市陶磁器CO、.LTD

良質のPorcelainwareを製造し、輸出します 

 

 

 

ホーム
製品
会社情報
工場
品質管理
連絡方法
お問い合わせ
良い品質 円形のディナー・ウェア セット 販売のため
良い品質 円形のディナー・ウェア セット 販売のため
これらの事は起こり、–私達のために非常に懸命に試みたことを私達は知っています。このラインのためのよいパートナーであることを知って下さい–そうすべては元気でいます。

—— Beck.c

私は忘れていません。ダンピング防止税のために、私は考えません取り消されることを。 その場合、私はフランスのシャンペンとの会いに来ます。

—— F.K

私は今すぐオンラインチャットです
会社 ニュース

EC委員会

                               公有地の実施に関するプロシージャ
                                                                     商業政策
                                                                EC委員会


輸入高にの適当なダンピング防止の手段の満期の検討の開始の通知
中華人民共和国に起きる陶磁器テーブルウェアおよび台所用品
(2018/C 167/06)


切迫した満期の通知の出版物に従がってダンピング防止の(1)は輸入高の力での測定します


中華人民共和国(『かかわっている』国)に、ヨーロッパ人起きる陶磁器テーブルウェアおよび台所用品


任務(『任務』規則(EU)の記事11(2)に従って)は受け取りました検討のための要求を


ヨーロッパ議会と投げ出された輸入高に対する保護の2016年6月8日の議会の2016/1036からの


国欧州連合(2) (『基本規則』)のないメンバー。


1. 検討のための要求
要求はFEPFによって2018年2月16日に–ヨーロッパ連合のためのテーブルおよびOrnamentalware (『蓄えられました
表すapplicant)陶磁器テーブルウェアおよび台所用品の総連合生産の30%以上。


2. 検討の下のプロダクト
この検討に応じるプロダクトは陶磁器の香辛料またはスパイスの製造所を除いて陶磁器テーブルウェアそして台所用品、です
そして陶磁器の粉砕の部品、陶磁器のコーヒー製造所、陶磁器の砥器、陶磁器のとぎ器、陶磁器の台所
の切れ、ひき、火格子を付け、スライスし、擦れ、そして皮をむき、そして菫青石の陶磁器のピザ石に使用するべき用具
ピザかパンを、CNコード前6911 10 00の内で現在焼くために使用される、種類前の6912 00 21、前の6912 00 23落ちます、
前の6912 00 25および前の6912 00 29 (TARICコード6911 10 00 90、6912 00 21 11、6912 00 21 91、6912 00 23 10、
中華人民共和国(『検討の下のプロダクト』発生)に6912 00 25 10そして6912 00 29 10)および。


3. 既存の手段
力の手段は現在です議会実行規則(EU)によって課される限定的なダンビング防止関税
412/2013無し(3)。


4. 検討のための地面
要求は手段の満期がダンプの継続で起因するためにが本当らしいという理由から基づいています
連合工業への傷害のingおよび継続または再発。
4.1。投げ出すことの継続の可能性の主張
志願者は国内価格を使用することは適切ではないし、国の費用が原因でかかわったことを主張しました
基本規則の記事2 (6a)のポイント(b)の意味内の重要なゆがみの存在。
(1) OJ C 268、12.8.2017、p. 5。
(2) OJ L 131、15.5.2013、p. 1。
(3)議会実行規則(EU)限定的なダンビング防止関税を課し、definiを集める5月13日の412/2013無し2013日
tively仮義務は中華人民共和国に起きる陶磁器テーブルウェアおよび台所用品の輸入高に課しました
(OJ L 131、15.5.2013、p. 1)。
欧州連合15.5.2018のC 167/6 ENの官報
重要なゆがみの主張を立証するためには、志願者は11月9日日付を記入された研究のレポートを参照しました
国のテーブルおよび台所用品の製陶術工業で特定の市場の状況を記述する2017年は騙します
cerned。レポート州のかなりdistortive介入の証拠をおよびプロはさまざまな計画によって含んでいます
グラム。レポートはまた革新と、輸出高関連している、財政の利点およびリベート土地の証拠を含んでいます、
検討の下のプロダクトの生産のための首都そして労働。
志願者はまた『レポートとよばれた2017年12月20日日付を記入された任務のスタッフの作業文書を参照しました
貿易防衛調査の(1)の目的、記述のための中華人民共和国の経済の重要なゆがみ
心配した国の特定の市場の状況および、特に、陶磁器のセクターのための市場のゆがみ、
電気および原料。
その結果、基本規則の記事2 (6a)の点から見て、投げ出すことの継続の主張は基づいています
および販売の反映の正確な価格生産費に基づく組み立てられた正常な価値の比較または
プロダクトの輸出価格の適切で代表的な国の基準、(工場渡しレベルで)
連合に輸出のために販売された場合かかわっている国からの検討。その基礎、計算される投げ出す差益
かかわっている国のために重要でであって下さい。
入手可能な情報に照し合わせて任務は十分な証拠が記事に従って5(9)あると考慮します
、価格および費用のドームの使用に影響を与える重要なゆがみが原因でことを示しがちである基本規則の
従ってかかわっている国のtic価格そして費用は不適当で、の調査の開始を保証します
基本規則の記事2 (6a)の基礎。
4.2。継続の可能性または傷害の再発の主張
志願者は傷害の継続の可能性を主張します。志願者はに証拠をという投げ出された輸入高提供しました
かかわっている国からの検討の下のプロダクトの連合はと重要に絶対項残りました
市場占有率の言葉連合の彼らの主要なポジションを維持するために生産者を輸入している中国人を許可します
販売すればEUの生産者を壊れやすい状態で保ちます。
志願者はまた傷害の再発の可能性を主張します。この点で、志願者はまた証拠を提供しました
手段が経過する割り当てられれば国の詐欺からの検討の下のプロダクトの現在の輸入のレベルこと
本当らしい(i)の輸出は連合に生産者の未使用容量の存在が原因で増加するためにcerned
容積および価格の点ではおよび(ii)連合市場の引き付ける力心配した国。がない時
手段は連合工業を傷つける水平のに、中国の輸出価格十分に低くあります。
さらに、志願者は国からの投げ出された価格の輸入高のどの相当な増加でもかかわったことを主張します
もし手段が経過する割り当てられれば連合工業にそれ以上の傷害をもたらすために本当らしくであって下さい。


5. プロシージャ
、十分なそれ基本規則の記事15(1)によって確立される委員会に相談した後定まります
証拠は満期の検討の開始を正当化するために任務これによって始めます検討をに従ってあります
基本規則の記事11(2)。
満期の検討は手段の満期がダンプの継続をもたらすためにが本当らしいかどうか定めます
におよび傷害の継続または再発起きる検討の下のプロダクトのing心配した国に
連合企業。
5.1。考慮される検討の調査期間および期間
投げ出すことの継続の調査は2017年4月1日から2018年3月31日からの期間を(『検討カバーします
調査のperiod)。継続の可能性の査定のために関連した傾向の検査または
傷害の再発は2014年1月1日からの調査期間(『期間の終わりに期間をカバーします
considered)。
5.2。投げ出すことの継続の可能性の決定のプロシージャ
満期の検討では、任務は検討の調査期間の連合になされた輸出高を検査します
そして、連合への輸出高に関係なく、かどうか会社の状態考慮しま作り出し、販売します
かかわっている国の検討の下のプロダクトは連合への投げ出された価格の輸出高が本当らしいにことそのような物です
手段が切れたら続けるか、または繰り返して下さい。
(1) SWD (で利用できる2017年の) 483 final/2:http://trade.ec.europa.eu/doclib/docs/2017/december/tradoc_156474.pdf。
15.5.2018欧州連合C 167/7のENの官報
従って、かかわっている国からの検討の下のプロダクトのすべての生産者かどうかにかかわらずそれら
(1)プロダクト検討の調査期間の連合に検討はの下で輸出されて、に加わるように誘われます
任務の調査。
5.2.1。かかわっている国の調査の生産者
国の生産者の増大する可能性がある数の点から見てと複雑にこの満期の検討かかわりました
法定制限時間内の調査を完了する順序はあるために任務生産者を限るかもしれません
サンプルの選択によって適度な数に調査される(このプロセスはまた『見本抽出』と言われます)。見本抽出
基本規則の記事17に従って遂行されます。
任務がその場合、サンプルを選ぶために試しが必要であるかどうか決定することを可能にするためすべての生産者は、
またはに導く調査で協力しなかった物を含む彼らの為で、行動している代表
この検討に応じる手段は、これによって彼ら自身を任務に知られていてにするように要求されます。それらの党は持っています
15日の欧州連合の官報のこの通知の出版年月日以内にそうするため、
Annex Iで要求される会社(ies)で情報を任務に指定されてへ与えることによってさもなければ、
この通知。
それが生産者のサンプルの選択に必要に考える情報を得るためには、任務は
また心配した国の権限に連絡し、生産者の知られていた連合に連絡するかもしれないです。
除くサンプルの選択に関する他の関連情報を堤出したいすべての利害関係者
上で要求される情報は21日のの官報のこの通知の出版物以内にそうしなければなりません
欧州連合、他に特に規定がなければ。
サンプルが必要なら、生産者は生産、販売の最も大きく代表的な容積に基づいてまたは選ばれます
輸出します空き時間の内に適度に調査することができる。すべての知られていた生産者、の権限
心配した国および生産者の連合は国の権限によって任務によって、知らせられます
、サンプルにあるために選ばれる会社の適切なら心配した。
それが生産者に関して調査に必要に考える情報を得るため、任務
サンプルにあるために選ばれた生産者生産者のあらゆる知られていた連合およびにアンケートを送ります
かかわっている国の権限。
サンプルでいるために選ばれたすべての生産者は日付から37日以内の完了されたアンケートを堤出しなければなりません
サンプル選択の通告の、他に特に規定がなければ。
基本規則の記事18の可能な適用の権利を侵害せずに、彼等のに同意した会社
サンプルの可能な包含はサンプルにあるためにしかし協力すると考慮されます選ばれません(『非
見本抽出された協力生産者)。
5.2.2。かかわっている国に関する付加的なプロシージャ
記事2 (6a)のポイント(e)に従って、任務はファイルにノートによって開始の直後、
利害関係者による点検のために、使用するように意図する関連した源についての調査に党を知らせて下さい
基本規則の記事2 (6a)に従う正常な価値を定めるため。これはすべてを覆います
適切な代表の後進国の選択を含む源、適切な場合には。investiへの党
gationはそのノートが内側によって点検のためのファイルに加えられる日付からのコメントに10日を与えられます
ested党。任務に入手可能な情報に従って可能な代表の後進国はあります
ブラジル。最終的に適切な代表の後進国を選ぶことの目標によって、任務は検査します
経済開発の同じようなレベルが輸出国としてあるかどうか、生産があるかどうか
関連したデータがすぐに利用できるかどうか検討の下のプロダクトの販売および。複数そのような物があるところ
国、好みは社会的なおよび環境の十分なレベルが付いている国に、適切な場合には、与えられます
保護。
関連した源に関して、任務は提供するためにかかわっている国のすべての生産者を誘います
15日の役人のこの通知の出版年月日以内のこの通知への別館IIIで要求される情報
欧州連合のジャーナル。
それが疑わしく重要なdistorに関して調査に必要に考える情報を得るため
基本規則の記事2 (6a)のポイント(b)の意味内のtionsはまた、任務質問を送ります
かかわっている国の政府へのnaire。
(1)生産者はプロダクトを作り出すか関連のcompaの何れかを含んでどれが検討の下でかかわっている国の会社です
検討の下でプロダクトの生産、国内販売または輸出高にかかわるnies。
欧州連合15.5.2018のC 167/8 ENの官報
この通知の準備に応じて眺めを知られていてにするために、すべての利害関係者はこれによって堤出します誘われます
情報は基本規則の記事2 (6a)の適用に関する補強証拠を提供し。
他に特に規定がなければ、そのような情報および補強証拠は37日以内の任務にの達しなければなりません
欧州連合の官報のこの通知の出版年月日。
5.2.3。調査の無関係な輸入業者(1) (2)
それらを含む連合に、かかわっている国からの検討の下のプロダクトの無関係な輸入業者
力の手段をもたらす調査でこの調査に加わるように誘われます協力して下さい。
この満期にかかわる無関係な輸入業者の増大する可能性がある数の点から見て完了するために見直せば
法定制限時間内の調査は適度な数に、任務無関係の限るかもしれません
サンプルの選択によって(調査される輸入業者はまた『見本抽出』とこのプロセス言われます)。見本抽出は
基本規則の記事17に従って遂行されて下さい。
任務がその場合サンプルを選ぶために試しが必要およびであるかどうか決定することを可能にするためすべてに無関係
調査の鉛で協力しなかった物を含む彼らの為で、行動している輸入業者、か代表
現在の検討に応じる手段へのingは、これによって彼ら自身を任務に知られていてにするように要求されます。
それらの党は15日のヨーロッパ人の官報のこの通知の出版年月日以内にそうしなければなりません
要求される会社(ies)で情報を任務に与えることによる連合、他に特に規定がなければ、
この通知への別館II。
それが無関係な輸入業者のサンプルの選択に必要に考える情報を得るため、Commis
sionはまた輸入業者の知られていた連合に接触するかもしれません。
除くサンプルの選択に関する他の関連情報を堤出したいすべての利害関係者
上で要求される情報は21日のの官報のこの通知の出版物以内にそうしなければなりません
欧州連合、他に特に規定がなければ。
サンプルが必要なら、輸入業者は突き棒の販売の最も大きく代表的な容積に基づいて選ばれるかもしれません
空き時間の内に適度に調査することができる連合の検討の下のuct。完全に無関係知られている
輸入業者の輸入業者そして連合はでいるために選ばれた会社の任務によって知らせられます
サンプル。
は調査、任務に必要に考える情報を得ることはアンケートをに送ります
輸入業者の知られていた連合への見本抽出された無関係な輸入業者および。それらの党は完了する堤出しなければなりません
サンプル選択の通告の日付からの37日以内のアンケート、他に特に規定がなければ。
5.3。傷害の継続または再発の可能性の決定のプロシージャ
傷害の継続または再発の可能性が連合工業へあるかどうか確かめるため、連合
検討の下のプロダクトの生産者は任務の調査に加わるように誘われます。
(1)生産者と関連していない輸入業者だけ見本抽出することができます。生産者と関連している輸入業者はにAnnex Iを記入しなければなりません
これらの輸出生産者のためのアンケート。に従って任務の実行規則(EU)の記事127
規則(EU)のある特定の準備を実行するための2015年の11月24日置く詳しい規則の2015/2447 952/2013無し
のヨーロッパ議会と連合習慣コードを主張している議会2人は関連付けられると考えられます:
(a)彼らは他の人のビジネスの役人またはディレクターです;(b)彼らはビジネスの法的に確認されたパートナーです;(c)彼らはあります
雇用者および従業員;(d)第三者は直接的または間接的に顕著な議決権株式の5%または多くをまたは所有しますか、制御するか、または保持します
両方の分け前;それらの(e) 1は直接的または間接的に他を制御します;(f)両方は直接的または間接的に制御されます
第三者;(g)一緒にそれらは第三者を直接的または間接的に制御します;または(h)彼らは同じ家族(OJ L 343のメンバーです、
29.12.2015、p.558)。人は次のいずれかに立つときだけ同じ家族のメンバーであると考えられます
互いへの関係:(i)全または半分血によってかどうか)夫および妻、(ii)親および子供、(iii)兄弟および姉妹(、
(iv)祖父母および孫、(v)叔父さんか叔母さんおよび甥または姪、(vi)親法律および義理の息子または義理の娘、
(vii)義理の兄弟および義理の姉妹。規則(EU)の記事5(4)に従ってヨーロッパ議会の952/2013無し
連合習慣コードを主張している議会の『人』は人の自然人、法的人および連合を意味します
確認される法的人はどれではないが、か適法行為を行う容量を持っていますとして連合か国の法律の下で
(OJ L 269、10.10.2013、p. 1)。
(2)無関係な輸入業者が提供するデータはまた決定以外この調査の面に関連しての使用されるかもしれません
投げ出すこと。
15.5.2018欧州連合C 167/9のENの官報
5.3.1。調査連合生産者
この満期の検討にかかわる多数連合生産者の点から見ておよびinvestigaを完了するため
法定制限時間内のtionは、任務適度な数に連合生産者を限ることにしました
それはサンプルの選択によって調査されます(このプロセスはまた『見本抽出』と言われます)。見本抽出は遂行されます
基本規則の記事17に従って。
任務は暫定的に連合生産者のサンプルを選んでしまいました。細部は点検のためのファイルで見つけることができます
利害関係者によって。利害関係者はこれによってファイルに相談するように誘われます(これのためにCommisに接触するべきです
下のセクション5.7で提供される接触の細部を使用してsion)。他の連合彼等ので行動している生産者、か代表
力の手段をもたらす調査で協力しなかった連合生産者を含む為、それ
それらがサンプルに任務に中連絡しなければなぜならない含まれているべきであるか理由があると考慮して下さい
15日の欧州連合の官報のこの通知の出版年月日。
サンプルの選択に関する他のどの関連情報も堤出したいすべての利害関係者はそうしなければなりません
21日の欧州連合の官報のこの通知の出版物以内に、他に特に規定がなければ。
連合生産者のすべての知られていた連合生産者や連合はcompaの任務によって知らせられます
サンプルにあるために最終的に選ばれるnies。
は調査、任務に必要に考える情報を得ることはアンケートをに送ります
連合生産者の知られていた連合への見本抽出された連合生産者および。それらの党は堤出しなければなりません
サンプル選択の通告の日付からの37日以内の完了されたアンケート、別の方法で
指定される。
5.4。連合興味の査定のプロシージャ
継続の可能性かおよび傷害が確認されるべき投げ出すことの再発もし決定は達されます、
基本規則の記事21に従って、ダンピング防止の手段を維持することがないかどうかについて
連合興味に対して。連合生産者、輸入業者および彼らの代表的な連合、ユーザーおよび彼らのrepresenta
tive連合および代表的な消費者組織は彼ら自身をの15日以内に知られていてにするために誘われます
欧州連合の官報のこの通知の出版年月日、他に特に規定がなければ。
、代表的な消費者組織は同じ死者の内で調査に、示さなければなりません加わります
並べて下さい、そこにそれは検討の下に活動とプロダクト間の客観的なリンクです。
彼ら自身を15日の締切の内で知られていてにする党はで情報を任務に与えるかもしれません
欧州連合の官報の37日のこの通知の出版年月日以内の連合興味、
さもなければ指定される。その情報は自由なフォーマットでまたはアンケートを前に完了することによって提供することができます
任務によって皮をむかれる。いずれにしても、記事21に従って堤出された情報はその時だけ考慮に入れられます
服従の時に事実に基づいた証拠によって支えられる。
5.5。他の書面による提出
この通知の準備に応じて眺めを知られていてにするために、すべての利害関係者はこれによって堤出します誘われます
情報は補強証拠を提供し。
他に特に規定がなければ、そのような情報および補強証拠は37日以内の任務にの達しなければなりません
欧州連合の官報のこの通知の出版年月日。
5.6。任務の調査サービスが聞かれる可能性
すべての利害関係者は任務の調査サービスによって聞かれるように要求するかもしれません。聞かれるどの要求でもなります
執筆で作られ、要求のために理由を指定しなければなりません。最初の段階に関する問題のヒアリングのための
調査は役人で15日のこの通知の出版年月日以内に要求堤出されなければなりません
欧州連合のジャーナル。その後、聞かれる要求はによって置かれる特定の締切の内で堤出されなければなりません
党とのコミュニケーションの任務。
5.7。書面による提出を作り、完了されたアンケートおよび一致を送るための指示
貿易防衛調査の為に任務に堤出された情報は版権から自由です。
第三者のコピーに応じてある任務情報やデータに堤出する前の利害関係者、
権利はinforを使用することを明確にa)任務が可能にする版権のホールダーに、特定の許可を要求しなければなりません
これの為のmationそしてデータは情報やデータをに提供するために防衛進行をおよびb)交換します
それらが防衛の権利に運動させるようにする形態のこの調査への利害関係者。
欧州連合15.5.2018のC 167/10 ENの官報
この通知で要求された情報を含むすべての書面による提出は、アンケートおよびcorresponを完了しました
機密の処置が要求される利害関係者によって提供されたdenceは『限られた』 (1)と分類されます。党
情報をこの調査の間に堤出して要求機密の処置のための推論するように誘われます。
情報をそれの非機密の概要をに従って供給するように要求されます『提供する利害関係者は限りました』
『利害関係者による点検』のために分類される基本規則の記事19(2)。それらの概要はなります
十分にconfiで堤出される情報の物質の適度な理解を許可するために詳しく述べられます
dence。秘情報資料を提供する党が機密の処置の要求のためのよい原因を示さなければまたは
要求されたフォーマットのそれの非機密の概要を供給しないし、質は、任務無視するかもしれません
情報は正しいことそれが適切な源から申し分なく示すことができなければそのような情報。
利害関係者は代理人のスキャンされた力を含む電子メールによってすべての服従および要求をするために誘われます
CD-ROMかDVDで手で堤出される大部の応答を除く証明シート、
または書留郵便で。電子メールの使用によって、利害関係者は電子に適当な規則の一致を表現します
文書のに『含まれている服従貿易のEC委員会が付いている一致
理事のウェブサイトで出版される貿易のための防衛場合:http://trade.ec.europa.eu/doclib/docs/
2011/june/tradoc_148003.pdfは利害関係者名前、住所、電話および有効な電子メールを示さなければなりません
住所およびそれらは提供された電子メール アドレスが点検される作用の公務の電子メールであることを保障するべきです
毎日。一度接触の細部は電子メールによって利害関係者と、任務伝達し合います提供されます
別の通信手段によって任務からすべての文書を受け取るように彼らが明確に要求しなければ、ただ
または送られるべき文書の性質が書留郵便の使用を要求しなければ。それ以上の規則および情報のため
電子メールによって服従に適用する興味がある主義を含む任務が付いている一致に関して
党は上で参照される利害関係者とコミュニケーション指示に相談するべきです。
一致のための任務の住所:
EC委員会
貿易のための理事
管理職H
オフィス:木炭04/039
1049のブリュッセル/ブラツセル
BELGIQUE/BELGIË
電子メール:TRADE-R687-TABLEWARE-DUMPING@ec.europa.eu
TRADE-R687-TABLEWARE-INJURY@ec.europa.eu


6. 非協力
どの利害関係者でもアクセスをへの断るか、または時間内の必要な情報を提供しなければ
限界は、またはかなり調査、調査結果を、肯定的妨害しますまたは否定的、事実に基づいて作られるかもしれないです
、基本規則の記事18に従って利用できる。
どの利害関係者でも偽か誤解を招くような情報を供給したことが分られるところで、情報はdisreであるかもしれません
garded使用は事実から使用できるように成り。
従って利害関係者がおよび部分的だけ協力しないし、協力しなければ調査結果は利用できる事実に基づいています
基本規則の記事18に従って、結果は持っていたらよりその党により少なく好ましいかもしれません
協力する。
コンピュータ化された応答を与える失敗は非協力を構成する興味があるの考えられません
党は不合理な余分重荷で要求されてように応答を示すそれを起因しますまたは不合理示します
追加料金。利害関係者はすぐに任務を連絡するべきです。


7. 審査官
利害関係者は貿易進行の審査官の介在を要求するかもしれません。審査官はように行動します
利害関係者と任務の調査サービス間のインターフェイス。審査官の検討
ファイルへのアクセスのための要求、文書、制限時間の延長のための要求の機密性に関する論争
そして聞かれる第三者による要求。審査官は個々の興味があるののヒアリングを組織するかもしれません
パーティを楽しみ、利害関係者の防衛の権利が十分に運動させていることを確認するために仲介して下さい。
(1) 『』文書をです基本規則の記事19および記事6に従って機密と考慮される文書限りました
GATT 1994年(ダンピング防止の一致)の記事VIの実施のWTOの一致。それはまた保護される文書です
規則(欧州共同体)の記事4に従ってヨーロッパ議会と議会(OJ L 145、31.5.2001、p. 43)の1049/2001無し。
15.5.2018欧州連合C 167/11のENの官報
審査官とのヒアリングのための要求は執筆でなされ、のために理由を指定するべきです
要求。調査の最初の段階に関する問題のヒアリングのために要求は中堤出されなければなりません
15日の欧州連合の官報のこの通知の出版年月日。
詳細については接触の細部の利害関係者はDGの審査官のWebページに相談し、
貿易のウェブサイト:http://ec.europa.eu/trade/trade-policy-and-you/contacts/hearing-officer/


8. 調査のスケジュール
調査は日付の15か月以内の基本規則の記事11(5)に従って、の完了されます
欧州連合の官報のこの通知の出版物。


9. 基本規則の記事11(3)の下で検討を要求する可能性
この満期の検討が基本規則の記事11(2)の準備に従って始められるように、調査結果
それから改まる既存の手段に導きませんでしたりしかし廃止されるそれらの手段か本管に導きます
基本規則の記事11(6)に従ってtained。
可能性が改まることができるように手段の検討は可能にするために保証されるとどの利害関係者でも考慮すれば
手段は基本規則の記事11(3)に従って、その党検討を要求するかもしれません。
述べられた満期の検討とは関係なく遂行されるそのような検討を要求したいたパーティを楽しみます
この通知は上で与えられる住所で、任務に連絡するかもしれません。


10. 個人的なデータの処理
この調査で集められたどの個人的なデータでも規則(欧州共同体)に従っての45/2001扱われません
に関する個人の保護の2000年12月18日の議会のヨーロッパ議会および
公共機関およびボディによるそしてそのようなデータ(1)の自由運動の個人的なデータの処理。

パブの時間 : 2018-05-28 08:04:50 >> ニュースのリスト
連絡先の詳細
GUANGXI BEILIU ZIYANG CERAMIC CO,.LTD

コンタクトパーソン: Mrs. vicky

電話番号: 86-+86-775-6330698

私達に直接お問い合わせを送信 (0 / 3000)